やる気と環境

職場の後輩(理学療法士1年目)が、

「○○病院に就職した友達は、

先輩たちが誰一人やる気のない環境で

なんとか頑張っているけど、

徐々にやる気を無くしているみたい」

と教えてくれました。

かなり多くの理学療法士が

勤務されている病院です。

実際のところはわかりませんが、

それがもし本当だったら

とても残念な状況だなって思いました。

今日も一人、就職希望の学生が

職場に見学に来ましたが、

「最初はいろんな疾患の患者さんを担当して勉強したい!!」

とやる気に満ちていました(*^O^*)

「院内の勉強会は開催されているか?」

「院外の勉強会には参加させてもらえるか?」

見学にくる学生からは、

必ずそういう質問をされます。

uritani20151017.jpg

何らかの夢を抱いて理学療法士を目指し、

悩んで苦労して臨床実習をクリアし、

更にいっぱいいっぱい勉強して

国家試験に合格したら、

やっと理学療法士になれます!

就職はゴールではなく、

スタートラインのはずです。

スタートラインに立ったときは、

きっと誰もがやる気に満ちています。

いつからか、やる気がなくなってしまうのは、

何故でしょう??

働き始めて、仕事に慣れて、

マンネリ化してきたら、

飽きてしまうのでしょうか?

ある程度出来るようになったら、

満足しちゃうのでしょうか?

理学療法って、数年で飽きるほど、

そんなに簡単なものじゃない

と思います。

勉強すればするほど奥が深くて、

自分が最良のものを提供したと思っても、

もっといいものを提供する手段は

あるかもしれなくて、

それを勉強するのは、

とっても面白いのです(^w^)

そのための環境って大切!

っていう話を書こうと思って

書き始めたのに、

話が反れちゃいましたね!笑

環境の話はまた次回に♪

最後まで読んでくれてありがとうございました
<>