ケガを通して学んだこと!

人生初の大ケガしました(゚Д゚)!!

ふくらはぎの筋挫傷(肉離れの軽い感じです)

ちゃんと診断は受けてないので、あくまで自己判断ですが

原因は、間違いなくオーバーユース。

自分のキャパを把握せず、運動し過ぎました(-o-;)

しかも、ここを使い過ぎるのは、身体の使い方が下手な証拠です。

軸も作れるようになって、

JARTAのトレーニングもできるようになってきて、

身体の動きやすさを実感していた矢先のケガで、

結構ショックを受けてます。

運動を休止しなければならない程のケガは、

学生時代を含めても経験がなかったので、

私にとっては、人生初の大ケガです。

この大ケガを通して気付いたことが2つあります!

・選手はケガをしてても痛くなければプレーしたい!!
・痛みの原因は、患部だけではない!!

1つめ、選手はケガをしてても痛くなければプレーしたい!!

人によって違いはあるかもしれませんが、

安静の必要性を理解している私自身も

日常生活上で痛みがなくなったら

もうやってもいいかなーと思って

フットサルやっては再発を繰り返し、

未だに完治してません

安静の必要性を再認識すると同時に

安静にしていることの難しさを実感しました。

安静期間中にするべきことを

もう一度よく考えて、選手にも指導していこうと思います!

2つめ、痛みの原因は幹部だけではない!!

ふくらはぎに痛みを感じながらも、

選手たちに見本を見せるためにあるトレーニングを行ったら、

なぜか痛みが軽減!!!

改めて痛みの原因が患部だけではないことを感じました。

詳細は、また次回につづく。。。

最後まで読んでくれてありがとうございました[emoji:v-22]
<>