スポーツと食事 ースタミナアップのためにー

今回は、“スタミナアップのための食事について”です。

スタミナとは運動を長く続ける力のことです。
長時間運動が継続される時のエネルギー源は、糖質と脂質です。

糖質・・・グリーコーゲンとして肝臓や筋肉に貯蔵。運動強度が高い時程使われる。
脂質・・・脂肪組織に貯蔵。運動強度が低く、運動時間がながくなるにつれて使われる。

糖質が少ないと、タンパク質を分解してエネルギー源とするため、筋量が減少してしまいます。
糖質は、炭水化物に多く含まれており、運動量に応じて摂取が必要です。

もう一つスタミナに重要なのが、貧血を予防することです。

貧血とは?
血液中のヘエモグロビン濃度が低下し、身体の低酸素状態をもたらされること。

スポーツ貧血の種類
①循環血漿量の増加によって起こる希釈性貧血
②スポーツ活動によって赤血球が変化し、壊れやすくなる溶血性貧血
③赤血球合成材料の不足による鉄欠乏性貧血

③鉄欠乏性貧血の原因
・減量時の摂取エネルギー量の低下に伴った鉄摂取量の低下
・運動量に見合う鉄の食事からの摂取不足
・筋肉や骨の発達が著しい成長過程における鉄の需要に対する今日不足
・汗による鉄の体外への排出
・消化管からの吸収低下

鉄欠乏性貧血予防のための食事
(1)鉄の多い食品を食べる。
(2)鉄の吸収を高めるビタミンCを摂る。
(3)タンパク質を不足なく摂る。
(4)十分なエネルギー量を確保する。
(5)鉄の吸収を阻害する栄養成分(お茶やコーヒーに含まれるタンニン、穀類に含まれるフィチン酸、野菜に含まれる食物繊維、乳製品などに含まれるカルシウムなど)に注意する。

<参考文献>
コーチング・クリニック
<>