スポーツと食事 ー試合前後の栄養補給ー

スポーツ栄養学について少し学びました。
スポーツ選手の食事の取り方について紹介していこうと思います。

まず今回は、“試合前後の食事の取り方について”です。

試合前日: エネルギー源としてのグリコーゲンを十分に補充する。

・糖質を多く含む炭水化物を中心に摂取する。(ご飯、パン、うどん、ジャガイモなど)
・揚げ物や脂肪の多い食品は避ける。
・生ものや初めて食べるもの、衛生状態の悪いものは避ける。
・エネルギー源となり、調子を整える働きのある果物は摂取する。(バナナ、キウイフルーツなど)

パンはエネルギー源となりますが、バターを摂り過ぎると脂肪の摂り過ぎになるため注意する!!

試合当日: 試合開始から逆算して摂取するものを考える。

・ 4~5時間前; 炭水化物を中心に食事をしっかり摂る。果物も多く摂ると良い。
・ 2~3時間前; 消化吸収が速いもので軽い間食を食べる。(バナナ、カステラ、おにぎりなど)
・30分~1時間前; 消化吸収に影響のないスポーツドリンク、ゼリー、あめ等をとる。
・スタート直前~試合中; 水分をしっかりとる。

試合後: 消耗したグリコーゲンや水分の補給をする。

・試合直後; できるだけ早く炭水化物(おにぎり、バナナなど)で栄養補給する。
・帰宅後; 十分な食事を摂る。

<参考文献>
コーチング・クリニック
<>