名古屋ウィメンズマラソン完走!

2013年3月10日 名古屋ウィメンズマラソン、なんとか無事完走できました。[emoji:v-221]
facebookやLINE、メールで応援メッセージをくれた皆様、ありがとうございました。
少しだけレースの様子を書き留めておこうと思います。[emoji:v-411]

プレゼンテーション1 DSC_1068.jpg

今回は、太ももにちょっと不安を抱えてのスタートでした。[emoji:v-355]
2月上旬の10kmの大会に出場して以降、ずっと太ももの裏側(内側ハムスト)に違和感がありました。
そのうち治るだろうと、長い距離の練習を控えて様子をみても痛み変わらず。[emoji:v-356]
日常生活上での痛みは全くなく、障害への意識が低い私は、大会10日前にフットサルをしてしまい、症状悪化。
大会1週間前、テーピングをして10km走ってみましたが、やっぱり痛い(→o←)ゞ
そして水曜日、日常生活上でも痛みが出てきたので、「棄権したほうがいいだろうか」との思いがよぎり、Dr.に相談し、MRI検査を受けました。
結果は、ほぼ異常なし。
ということで、湿布だけ処方してもらいました。[emoji:v-74]

そうなると、私が過剰に痛がっていただけ[emoji:v-362]と言うことになりますが、痛いものは痛かった。
その後、湿布とゲット帯による局所の安静により、劇的に痛みが軽減し、大会当日は痛みを感じることなくスタートラインに立てました。

さてさて、前置きの言い訳が長くなりましたが、いよいよレーススタート[emoji:v-26]

会場の設定がわかりにくく、スタートまでバタバタでした。
トイレも長蛇の列で統制が取られておらず、スタート30分以上前に並んだにもかかわらず、入れたのはスタート5分前。[emoji:v-388]
トイレを済ませたら、スタート地点のCブロックまで猛ダッシュ!
スギちゃんを横目に見ながら、なんとかスタートまでには間に合いました。
と言っても、スタートの号砲は聞こえず、スタートラインを通過したのは、2分後でした。

最初の1kmは、人渋滞のため思うように走れず7分/kmペース。
その後は5分半/kmで太ももの痛みもなく、順調に走り出しました。
6km地点くらいで先頭集団とすれ違いモチベーションアップ[emoji:v-162]
快調に走っていたはずでした。

そして10km手前。
問題を抱えていた右太もも、痛みは相変わらず感じないものの、攣り始めました。[emoji:v-12]
ここからが、長い長い闘いの始まりでした。

右太ももだけでなく、両方の脚全体に攣り感を感じ始めました。
20km地点を過ぎてから飲もうと思って保持していたPowerBarを取り出し、早速飲みました。
すると脚の調子は少し持ち返したもののペースは一気に急降下。[emoji:v-164]
ペースを上げようとすると脚が攣ってしまう。
とにかく栄養補給のためにウィダーインゼリーを手に持ち、
「この脚はどこまでもつんだろう」と不安を抱きながら、とりあえず走り続けました。

ハーフの通過タイムは、2時間7分。[emoji:v-250]
予定より10分程度遅い。

ハーフマラソン出場選手がゴールしていくのを横目に見て羨ましく思いながら、走り続けました。[emoji:v-29]

ここから先は、給水所に加えてバナナなどの食料も設置されていました。
普段はレース中にあまり食べないようにしているのですが、今回はとにかく筋疲労の回復になればと思い、早速バナナを口にしました。
気持ちの問題かもしれませんが、食べると驚くくらい疲労回復し、それから1~2km程度はまた頑張れる!
そこからは、「次のエイドステーションまで」と思って頑張りました。

30km地点通過。[emoji:v-29]
ペースはかなり落ちて、7分半/km程度。
このままでは5時間切りも怪しくなってきました。

ここからは、2本目のPowerBarを手に持って、少しずつ栄養補給しながら走りました。

32km地点を過ぎたときに沿道から聞こえてきた声援。[emoji:v-81]
「あと10kmしか走れないから、楽しんで[emoji:v-237]」

そこから先は、「あと9kmしか走れない」「あと8kmしか走れない」「あと7kmしか・・・」と思って走りました。

そしてようやく40km通過。[emoji:v-29]
時間は、4時間34分。[emoji:v-241]

目標タイムはすでに経過してしまったけど、あと少し頑張れば4時間50分は切れる!
なんとか4時間50分切りを!と思い、最後の力を振り絞りました。

結果は、4時間49分○○秒。
う~ん、目標には30分及ばず。[emoji:v-393]
それでも最後まで走りきれたからよかったのかな。

今回は、レース前に脚を診てもらったり、大事な学会を休ませてもらったり、当日の応援にわざわざ足を運んでもらったり、多くの人から応援メッセージもらったり・・・

本当にたくさんの人に助けられて、完走することができました。[emoji:v-411]
関わってくださった皆様、ご迷惑をかけた皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。[emoji:v-238]

そして、この長いブログを最後まで読んでくださった方も、ありがとうございました。[emoji:v-22]

DSC_1070.jpg DSC_1077.jpg
<>