思い込みの代償

私 「いつ頃からどんな症状があるか教えてください」

患者 「今MRIの結果聞いたら、腰の神経が細くなってるって言われたんです。。。」

私 「そうですか、で、症状は?」

患者 「骨の間隔も狭くなってて、だから腰が痛いんですかねぇ。これは治らないよねぇ。」

私 「で、症状は???」

いつもではないですが、

訴えのいまいちハッキリしない患者さんとの初診時の会話です。

そこが悪いって言われたから、悪い気がする!

もう治らないって思っているから、治らない!

なんか最近、そんな気がしてならないのです。

患者 「リハビリ後は良くなるんだけど・・・」

私 「教えたトレーニング継続してやってますか?」

患者 「え、どうやってやるんだっけ?」

すべての患者さんではないですよ。

治そうという意図が高い人、

ちゃんと自分の身体の状態がわかっていて、

効果を実感してトレーニングを継続される方は、

あっという間に良くなります。

でも、残念ながら、

あまり治すつもりがあまりない人

治らない病気だと思い込んでしまった人

は、なかなか良くなりません。

”治らない”と思い込ませているのは、私たち。

“治る”と感じさせてあげられるのも私たち。

最近、腰痛の多くが精神的ストレスによるものである、

なんてことも言われていますが、

腰痛に限らず、長期化している痛みには、

心理的な要素が絡んでいることが多い気がします。

もし、これを読んでくれている人が、痛みを抱えている人なら、

自分の心とも向き合ってみてください。

もし、これを読んでくれている人が、理学療法士さんなら、

ほんの少しだけ、患者さんの心にも目を向けると、

治療効果が変わってくるかもしれませんよ。

少なくとも、患者に悪いイメージを持たせてしまうような説明は、

もうやめにしませんか?

最後まで読んでくれてありがとうございました[emoji:v-22]
<>