教育論2

先月もバイザー会議の後に教育論について書きました。

今日も別の大学のバイザー会議に出席して教育についての講義を聞き、考えるところが沢山ありました。

「人は教育次第で変わるし、逆に教育されなければ成長も乏しくなる。」
「組織が組織として機能するためには、個々の自由な意見を尊重する前に最低限の教育は必要である。」

では、どのように教育したらいいのか?

教えるべきことは教え、考えさせるべきことは考えさせる。その際、考えるための最低限の環境を整えることも時には必要だと思いました。

全てを教えて自分の考えを押し付けるだけではなく、材料の少ない状態で考えさせるだけでもなく、その調和のとれた指導により、長所を伸ばしつつ短所を克服する指導ができるといいと思います。

今まで何人もの実習生や新人を指導してきましたが、なかなか思うように教育できず、その難しさを痛感しています。

今後も試行錯誤しながら前向きに教育に取り組んでいきたいと思います。

そうすることで、誰よりも自分自身が成長していけたらいいと思います。
<>