早期復帰とリスク管理

思い切って書いちゃいます!!

ずーっと感じてたこと。

私たちが提供しているリハビリで、

早期復帰を遅らせてないだろうか?

言われた通りにリハビリ真面目にやってる患者さんって、

言うこと聞かずに勝手に動いてしまう患者さんと比べて、

回復遅くないだろうか???

ACLの再建術後4か月くらいで軽くフットサルやってたよー

って話を先日聞いて、

改めて考えてみました。

固定、安静、荷重制限、運動制限、、、

必要以上に大事にし過ぎると

回復はかなり遅くなる!!!

リハビリに真面目に通ってくる患者さんって、

痛くて、怖くて、心配で、

大事にし過ぎちゃっていることが多い!!!

そこに加えて、

あれダメ! これダメ!

この運動(だけ)やってください!

って、

実際のスポーツ動作とはかけ離れた運動を指導される。

そして、身体がどんどん固まっていく。。。

固まった身体は、

ちょっとやそっとじゃ元に戻らない

医師の指示を守らず動いたほうがいい!

と言っている訳ではありません。

当然の安静、固定期間、免荷期間は守らなければなりません。

けど、その期間にやっておくべきことは、

患部外の筋力トレーニングだけでいいのでしょうか?

特に真面目な患者さんには、要注意!!!

必要以上の安静と

身体を固めるトレーニングが、

早期復帰の妨げとならないように、

安静期間中にやれること

を考えて提供していきたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました

フィジカルチェックやってます

大垣中央病院内で、フィジカルチェックやってます。
 もっと速く走りたい!
  もっと強くなりたい!
   もっと思い通りに動きたい!
そんな願いを叶えるため、スポーツを行っている全ての方が対象です。
詳しくは、こちら
<>