理学療法士の職域

今日、ある理学療法士の先生に施術してもらいました。
詳しくは書けませんが、全身の姿勢をコントロールする手技で、片麻痺や脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎などあらゆる疾患に適応ができ、また予防的にも意味があるそうです。

確かに施術してもらった前と後では、立った感じ、歩き方、体の動き方が変わったのが実感できました。
実際の患者様の治療も見学させてもらいましたが、明らかに効果がみられます。

理学療法士の職域は拡大しているように見えますが、、効果がないと判断されればその規模は簡単に縮小されかねません。
まだまだ知名度も低いです。
理学療法士でないとできないことを確立していかなければ、この先生き残っていけないと思います。

先生はこの手技を突破口にしたいとおっしゃっていました。
本当にこの手技が突破口になるのか、一人の理学療法士として私には何ができるのか、わかりませんが、現状に満足することなく、常により良い治療ができるよう努力していきたいと思います。
<>