身体機能? or 環境設定?

先日の支部症例検討会のグループワークで取り上げられたテーマ[emoji:v-311]

「在宅生活に必要なのは、身体機能? or 環境設定?」

理学療法を提供していく上で、

どちらも大切なのはわかっていながら、

どちらを優先させるかの議論。

グループワークでは、

それぞれのグループ内、

そしてグループ間で

活発な議論が繰り広げられていました。[emoji:v-391]

では、

「理学療法を行う上で重要なのは、身体機能? or 環境設定?」

私は、

“身体機能の改善”

を求め続けたいなぁと思っています。

高齢者のリハビリに限ったことではありません。

・装具やテーピング

・インソール

・スポーツ種目の変更

・転職

・運動制限

などなど…

もちろん、必要な時期に必須の環境設定はしなければなりませんが、

実は必要のない環境設定はしなくても

やりたいことがやれる!なら、

その方がいいかなーと思いませんか?

「自分では全く努力したくない」

っていう本人のニードがあったら、

押し付けはできないけど、

環境設定に頼りすぎず、

自分の本来の能力で

やりたいことが思いっきりできるように、

そんな理学療法を提供できたらいいな

って思います。

そんなこと言っても、

まだまだそんな理学療法を

完全に提供できてる訳じゃないですが、

私はこれからも

そこを追い求めていきたいなーと思います(^^)

最後まで読んでくれてありがとうございました[emoji:v-22]
<>