マラソン走っている時に応援されるのが大嫌いだった理由

ひとり言

私が初めてフルマラソンを走ったのは
まだ25歳くらいの時😀

その頃はまだマラソンブームの前だったので
国内で制限時間を気にせず走れる大会は少なく

庶民ランナーが走るフルマラソンと言えば
JALホノルルマラソン

この時は、タイムとか全く関係なく
ゴールまでたどり着くことが目的だったので、
ただ走ることを楽しみました✨✨

 

その後も何回か楽しみながら
フルマラソン&ハーフマラソンを走り

元々負けず嫌いの私は
徐々にタイムを気にするように・・・

一緒に大会に出ていた友達が
私よりも速かったから余計かな😅

タイムを気にして走ると
急に修行のようになるんですよね。

もっと速く走りたいのに
なかなか思うように足が進まず

必死で頑張っている時に
応援されるのが大嫌いでした😖笑

 

*頑張っているのに頑張れって言われたくない
*走ってない人に私の気持ちはわからない
*無責任に応援しないでほしい
*応援されて頑張ると余計苦しくなるし

↑こんな風に思ってました💦💦

 

本当は自分が練習不足だっただけだし

誰かに強要された訳でもなく
自分で目標タイムを設定しただけだし

誰も私が頑張ってないとも
頑張らなきゃいけないとも思ってないし

 

全ては私が勝手に思い描いて
勝手に苦しくなっていただけなのに

沿道で一生懸命応援してくれる人達に
感謝の気持ちを抱けませんでした。

それどころか
敵対心のような気持まで抱いていました😓

あるハーフマラソンの大会で、
本当に練習不足で完走できるかも不安だった時

遅くても沿道の人に感謝を伝えて走ろう
って決めて走ったことがありました。

 

そしたら、
本当に感謝の気持ちが湧いてきて

あれほど嫌だと思っていた応援が
すごく有難く感じられるようになりました。

その時のブログがこちら👇
(fc2からお引越ししたので若干読みにくいです)

心の変化
今年もいびがわマラソン(ハーフ)走ってきました 結果は、 2時間10分で無事完走! いつもより少し後ろのブロックからスタートしたら、 最初の1kmは全然走れず、キロ9分ペース。 早くもこの時点で2時間切りを諦めてしまい...

 

何が言いたいかと言うと、

誰かに対して抱いている敵対心や
感謝できずに恨んでしまう気持ちは

本当は自分の心や自分への評価が
すべて創り出しているってこと❗️❗️

他人に腹を立てて許せない時って
自分のことを認めてないんですよね😲

 

私のこのマラソンの場合は、
意図的に感謝を表現することで
自分のことも許せるようになれたみたいです☺️💕

 

誰かに腹が立ってしょうがない時、
ちょっと自分のことを振り返ってみてください。

頑張っている自分のことを認めてあげたら
意外と腹立たしい気持ちも
す〜っと収まるかもしれませんよ😁

 

今日の朝のランニングクリニック。

高橋尚子ロードを走っていたら、
警察学校の人がマラソン大会していて

ガンバレ〜と声援を送りながら
そんなことを思い出したので書きました。

 

“心を管理する方法”を知りたい人は
いつでも気軽にご連絡ください。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀