子どもの自信をつける、可能性を引き出す方法

心を管理する方法

本当は試合に出たい
かけっこで友達に追いつきたい
将来はプロのスポーツ選手になりたい

だけどそれを言葉では表現できずに
下を向いてしまう子がいます。

 

そういう子達の反応は大抵、

自分はすでに出来ているから
特に目標はない
(自分の伸び代を見つけられない)

頑張って努力するよりも
現状のままの方がいい

普段の出来事を
あまり明確に覚えていない

 

つまり、平気なふりをしながら
どこか心を閉ざしています。

ゆっくり話を聞いてみると
冒頭のような想いが出てきます。

 

そういう子をまわりから見ると
頑張っていないように見えます。

親御さんからはよく
「ガッツがないんです」とか
「一生懸命さが足らなくて」とか
言われます。

 

本当はその子は、閉じてしまった心で
上手くいかない原因がわからないまま

精一杯最大限に
頑張っているんですよね❗️❗️

 

頑張っても報われない
認めてもらえないと、

心はさらに縮んでしまいます😣
(それが親御さんだと尚更)

 

先日、Mottoのレッスンに通う
小学5年生の男の子が

(クラスで)班長に立候補して選ばれた
と教えてくれました。

こういうのは初めてです!と
お母さんも驚いていました🤗

実は、この子も1年前は
何に対してもあまり興味がない感じで
どこかボーッとしている印象でした。

Mottoのレッスンの時には
毎回目標を設定してもらいますが

練習や試合のことを覚えていないので
いつも時間がかかっていました。

 

レッスンを続けるうちに

「試合でシュート決めた」
「コーチに蹴り方を質問してみた」
「監督にもっと試合に出たいとお願いした」
「試合中、声を出せるようになった」

と、
が少しずつ変化してきました。

さらに、先日のレッスンの時には
「50m走で絶対8秒切りたい」

と言って、いつもにも増して
自らトレーニングを頑張っていました😲

 

試合で活躍することも嬉しいですが、
こうした心の変化が何より嬉しいです❣️

彼の心が変化したのは、

上手な体の使い方を習得し、
運動能力が向上したことも影響しますが

毎回レッスンの時に
良くなったことを見つけて

自分で自分のことを認めてあげる
作業を繰り返したことも影響しています。

 

知らないうちに自分で自分に
ダメ出ししている人(子)が多いです。

そんな私もそうでしたが😅笑

自分のことを褒めて認めてあげる❤️
簡単そうで意外と難しいので、

毎日良かったことを
書き出してみるのもいいですね。

なかなか自信が持てないお子さんにも
ぜひ試してみてください😉

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀