【神様VS私の戦い!?笑】子供の頃の心の葛藤

ひとり言

実は私、子供の頃によく
1人で神様と対決していました!笑

 

昔ながらの一軒家に住んでいたのですが
トイレに行きたくなると対決が始まります。

その対決とは、

右のドアから出るか?
左のドアから出るか?

リビングの出口は四方にあって
トイレに行くために近い出口がつ。

もし神様が私の行動を全て決定していて
決められた運命があるとしたら、

神様は、私がどちらの出口から出ると
決めているのだろうか???

(写真はイメージです)

もし神様が“私は右のドアから出る”と決めていて
実際には私が左のドアから出たとしたら、

運命って変わるのかな!?って。笑

 

左から出ると決まっているのに
反対を選ぶことまで予測して右を選ぶ

と決まっているから、
それにさらに反対の左を選ぼうか?

でもそもそも、神様は
こんな風に私が迷うことまで予測しているのだろうか?

とか。笑

果てしなく続く対決の勝敗は
もちろんわからないのですが😅💦

 

別に決して病んでいた訳ではなく、
きっとこの頃から
“意識”の存在に興味があったのだと思います。

 

私の運命は、
生まれた時から決められているのだろうか?

それとも、
自分で意図的に創りだしていけるのだろうか?

 

高校受験、大学受験、就職活動、海外留学、再就職・・・

これまでの人生で
大きな選択をする場面はたくさんあったけれど、

自動的に選択肢が絞られてることが多くて
あまり深く考えたことはありませんでした。

どちらかというと神様に従っていたのかな!?

トイレに行くためのドアでは神様と対決したけど
自分の人生ではあまり対決した記憶がありません🙄

 

少なくとも、今から5年半前の誕生日に
自分への最高のプレゼントを受け取るまでは。。。

 

過去最高の誕生日プレゼントについては
また次回のブログで書くことにします。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀