JARTAの魅力

「JARTAのベーシック受けてみようと思うんだけど、どうかなぁ?

アドバンスも受けると高いよね!?」

理学療法士の友人から、突然連絡がありました。

「JARTAでは、今までの考え方を180°覆されるけど、

受けてみて共感できると思ったら、アドバンスにも進む価値があるよ。」

少し前に、

JARTAに共感している部分他より優れていると感じる部分

考える機会がありました。

それぞれ沢山ありますが、

私が最も共感している部分は、

「緩める」 という考え方です!

筋トレを重要視してきた私にとって、

180°覆された考え方ですが、

ビックリするほど、しっかり腑に落ちました。

筋トレ重視の考え方では説明がつかなかったことが、

ちゃんと納得のいく説明ができるようになりました。

筋力で固めて誤魔化すのではなく、緩めることで、

人間(動物)が本来持っている能力を最大限に引き出す。

緩んでいる方が、

身体の感覚は研ぎ澄まされていくんです。

自分の身体で体験して、実感しました!!

そして、私がJARTAが他より優れていると思う部分、

それは、局所にとらわれ過ぎない、根本治療です。

もちろん今までも、

全身のアライメント(姿勢、骨の配列など)や運動連鎖など、

局所に囚われない評価、治療をしてきました。

大抵は、どこかの筋力低下が原因で姿勢が崩れ、痛みが生じています。

治療方法は筋力強化です。

けれど、その原因が、

背骨のほんの少しの向きの違いだったり、

指先のちょっとした硬さだったり。

それらを修正することで痛みが取れれば、

スポーツ選手なのに「ある部位の筋力低下が原因で痛みが生じる」

って説明より、私は納得できました。

その原因を探って、あっという間に全身の調整ができるのが、

JARTAが他より優れている部分の一つかなって思います。

長々と読んでくれて、ありがとうございました[emoji:v-22]

理学療法士でJARTAの講習会を受けようかなって方、

新しい考えを柔軟に受け入れる覚悟をして受講してほしい

と私は思います(* ̄∇ ̄*)

今更ですが、8月にJARTA認定トレーナーになりました。

JARTAのホームページで紹介されています。 [emoji:v-391]

※今回の記事は、私一個人の感想です。

P.S. 先日の記事「ケガを通して学んだこと!」の続きは、

Dictadorのブログに掲載しました。

興味のある方は、読んでみてくださいね[emoji:v-392]
<>