痛みって思い込み!?心へのアプローチ

ひとり言

ある施設で週に1回だけ
高齢者の方の運動指導をしています。

 

初めてお会いした時には、

「お医者さんに不治の病と言われて
痛くて痛くて体は自由に動かないし
毎晩死ぬことばかり考えています」

と言っていた方が、

「もう死ぬことなんて考えられない。
毎日良くなることを考えてるよ」
「動けることが嬉しくて嬉しくて」

って😲

 

この言葉を聞いた瞬間、
私もメチャクチャ嬉しかった❣️

 

その人は、お医者さんから
原因不明の難病と言われて

もう自分は普通に歩けないし
痛みも取れないと信じきっていました。

運動なんてしてもどうせ良くならない
と本人は諦めていたのですが💦💦

 

前回の運動指導の時に

硬くなっている筋肉をストレッチして
使っていなかった筋肉を動かしたら
意外にもあっさり痛みが軽減。

手放しで歩く練習をしてみたら
多少しびれはあるけど普通に歩ける❗️❗️

で、本人も嬉しくて
その後自分でも体操を続けていたらしく

それまでの辛さが嘘みたいになくなって
希望が持てるようになってきたそうです😀

 

もちろん、運動指導をする上で、
痛みを考慮したプログラムを考えました。

それで痛みが軽減したのかもしれません。

それにしては、
あっさり痛みが軽減したので

それ以外の何かが
良い影響を与えたんだろうなって思います。

 

*痛みのことを知ってもらって安心した
*治る可能性があることを知った
(病気についての認識が変わった)
*動いてみたら意外と動けた

これらは、心の作用が影響しています。

 

目には見えないことなので
本当のところは誰にもわかりませんが

“心へのアプローチ”も
役に立った例かなと思っています。

 

※冒頭の写真はイメージです。

からだRe創作Motto
臼井 美由紀